都内クリニックでの乳がん検診

下着屋クローブ 病院

2013年6月、岡山から関東に引っ越して3カ月
生活も落ち着いてきたところで、やっとこさ乳がん検診を受けました

キレイな待合室で雑誌を見ながら、意外とリラックス
まずは超音波検査
これは地元の病院でもしてましたし、予想通り、慣れっこです
「大丈夫ですね~、様子をみてまた半年後くらいに来てください」
そう言われるものだと思っていました
しかし、今回は先生の表情に「ん?」と変化があり
「多分大丈夫だと思うけど、念のために細胞をとる検査をしましょう」
そう言われ、別のお部屋に案内されました
距離的にはごく近くですが、予想外の事に足が絡まりそうです

局所麻酔の後、超音波検査で場所を確かめながらシコリ部分に機械を当て、ガチャン、と音がして針の刺さる衝撃を感じました
針生検をしたのだと思います
抗生物質を処方され、1週間後に予約を取り、終了

先生が多分大丈夫って言ってたんだから大丈夫だよ
そう思いつつも、ネットで病気検索ばかりする1週間の始まりです

コメントを残す