怖いし心配もあるけど、ずっとしないと言う選択肢はない

下着屋クローブ 春

同時再建はしませんでしたが、実は、そろそろ再建したいのです。
もちろん、今までもずっとこの思いはあって、再建については情報を集めてきました。
再建は情報が勝負と思います。自分が思うベストな再建方法を考え、調べ、機会があれば、実際に再建された方のお胸を見せてもらい、希望する術式、相談する病院や主治医を慎重に決めていきたい。

再建、私にしてみたら夢のようなちょっとワクワクする話です。胸のある生活って普通ですが、その普通は幸せな事です(お風呂上りの夫を見て、羨ましいな~なんてぼやく事もあります)温泉やプールに気軽に行くことができるし、豊富な種類の中から可愛い下着を選べれるし、毎日パットを入れたり出したり手洗いで洗濯したり、なんて些細な不便がなくなるのでしょう!(きっと)

2017年2月、再建セミナーに参加しました。再建手術を終わらせた方、もうすぐ手術を受ける方、再建に興味がある方など、20名くらいが集まりおしゃべりをしました。
再建手術を終わらせた方々、仕上がりについては100%満足ではないかも知れないけど、して良かったと言われる方がほとんど。人によってはエキスパンダーを入れている間、ずっと痛みが続き日常生活が困難になりペインクリニックに通って何とかやり過ごしたとか、術式によっては術後の痛みが残ったり、術後は丸二日間ベットから動く事が出来ない(1日目は痛みで動けれない、2日目は多少動きたくても許可が下りない)とか、ちょっと怖くなるような話も聞きました。それでも終わってみれば、長い人生のほんの数日の事と、みなさんとても晴れやかな様子^^
意外だったのが、これから手術を受ける方々のお話。手術を1カ月先に控えた方も、1週間先になった方も、「実は本当にするかどうかまだ迷っている」と言うのです。ビックリです!
病気を取り除く手術は「しなければいけない」と言う思いが強いけれど、再建手術って「しない」選択も大いにありなのです。毎日小さな不便はあるけれど、慣れてしまえば工夫しながら日常生活をおくれます。やっぱり手術を受けるのって怖いです。失敗するリスク、成功しても自分が思い描いていた胸が出来るとは限らないし、手術が原因で今後痛みが続くかもしれない、自家再建ならドナー部分への新たな傷も気になります。ネガティブな事を考えるとそれが頭の中をぐるぐる回るようになり「こんなに悩むくらいなら、一旦考え直そう」と直前でキャンセルをする方も少なくない聞きました。
私は条件さえ揃えば、さっさと再建したいと思ってました。もちろん、リスクのない手術はないのは承知の上、それでも再建にはポジティブな気持ちでいたので、本当にビックリです!予約した後、手術への不安な気持ちを盛り上げるため、定期的にこのようなセミナーに参加する方も多いそうです。

☆☆☆☆

その夜、ヒドイ夢を見ました。再建したものの、自分の希望するものとはほど遠い仕上がりの胸、ひどい痛み、そして思い出される手術室に向かう時の恐怖と緊張感。はっと目を覚ましたのは深夜2時、それから、まな板の鯉になった気持ちが抜けず(まだ予約もしてないのに)一睡もできず。疲れ切って朝を迎え、主に夢の話をしました。「そんなに心配ならやめた方が良い」と一言。

「それは違うんだよ、エドワード(夫)!」

怖いし心配だけど、ずっと再建しないと言う選択肢は、私にはないのです。

2017年2月、決意が変わらないうちに再建の予約をしようと希望する病院に電話を掛けました。

「〇〇先生の診察は…一番早いくて2017年12月ですが良いですか?」
→「良いです、予約して下さい」
「まだ日程が先なので、学会や講演会の都合でキャンセルになるかも知れませんが良いですか?」
→「良いです、予約して下さい」
「では13時で予約しますね。でも実際には夕方からの診察になると思うので、この日は予定を入れないで下さいね」
→「承知しました」

10ヵ月待ちの診察、手術を受けるならさらに数年待ちになる可能性が高いらしい…。どうか決意が変わりませんように。

下着屋クローブ 春

 

コメントを残す