黄体ホルモン不全だと??何だそれ??

下着屋クローブ 時間

初診は1カ月後、伺ったのは評判の良さそうな産婦人科クリニック。
血液検査を経て、数日後に2度目の受診。

結果。

先生「黄体ホルモンの数値が低いですね」

自分「え、そうなんですか。それお薬とかで治るんですか?」

先生「お薬で治療することが多いですが、ホルモンは乳がんにかかわりのある事なので、乳腺の主治医の許可を取ってから使用しましょう」

自分「許可をとるって、私が電話で聞くのですか?」

先生「いえ、通常は私(産婦人科医)がお手紙を書き、それを乳腺の主治医に診ていただき、お手紙の返事をいただくようになります」

自分「え、主治医がいるのは大学病院ですし、すぐに予約とか出来ないんですけど(どんどん時間ばかりが過ぎて行くではないですか~~~?)」

先生「そうですね、でも慎重にした方が良いです。病気に悪影響があってはいけないので」

そう言われると返す言葉なし。

乳腺外科の予約をとり、
産婦人科医のお手紙を受け取り、
乳腺外科の受診するのに約1ヵ月。
はがゆい。

 

原因が分かっているのに治療をするのにこんなに時間が掛かるとは…

主治医から薬使用の許可が下り、また産婦人科の予約をとり、やっと治療をスタートする事ができた。

コメントを残す