乳がんを経験した下着屋店長の目で温泉を観察②

下着屋クローブ 温泉

翌日泊まったホテルは前日ほど混んでいませんでした。
個人的には混雑してない旅館はリラックスできて好きです^^

大浴場で人が少ないとその分自分に向かう視線が増えそうな気がしますが、そんな感じはしません。
だって、みんなそれぞれゆっくり湯舟に使ったり、身体洗ったり自分の事に集中していますからね。
混雑していてもいなくても、温泉施設で自分に視線が向かっている気はしませんでしたよ。

しかしながら、そうは言われてもやはり気になりますよね。
そんな場合は、露天風呂付き客室、温泉で使用が許可されている胸元を隠すカバー、なんかを利用してみるたらより旅行や温泉を楽しむことができるかも!

趣味や生きがいなど大切にしたいものは絶対に大切にしたい。
人によってそれは仕事だったり、家族との時間だったり、旅行だったり、お料理やスポーツ、アイドルの追っかけだったりするのだと思います。

病気になる前から私は旅行が大好きでした。
病気になっても楽しみを減らさず、今まで通りに生活できたら良いナと思うのです。

 

 

ちなみに…温泉と言えば、大浴場だけでなく、脱衣所で服の着脱してる時もちょっと心配ですよね。そんな時は事前にサラッと肌着にパットを入れておいてササっと着用すれば便利、入浴後に汗をかいてもサラッと着られます~^^

下着屋Clove 肌着

 

乳がん経験者向け下着 下着屋Clove

コメントを残す