下着屋Clove

がん体験を聞きたい方へ

下着屋Clove代表ボーマンの乳がん経験はこれまで、テレビ、新聞、雑誌などに取り上げられてきました。特に”AYA世代特有の悩み”については、とても大切な事でありながらあまり知られていないのが現状です。
※AYAとは=Adolescent and Young Adultの頭文字で15歳から39歳前後の思春期・若年成人の事を表します。
AYA世代のがん患者は、その年齢が、進学・就職・恋愛・結婚・出産など大きなライフイベントと重なるため、治療だけでなく生き方についても悩むことが多いのです。結婚3か月目でガンが見つかった私は“ガンになっても将来子供をもてるのか?”と、とても悩みました。悩みながらも自身で治療を選び、現在は2人の娘に恵まれ働きながら子育てをする幸せを感じています。
乳がんは、辛い事だけでなく、素晴らしい出会いや「生き方」と向き合うきっかけを与えてくれたと感じています。
私のお話が、がんを身近に考えるきっかけになれば幸いでございます。
もしお話を聞きたいと思われましたら、お電話もしくはメールにてお問い合わせくださいませ。

下着屋Clove

登壇経験

製薬会社内定社員向け研修
製薬会社昇進社員向け研修
起業セミナー:自身の経験を起業に生かす 等
これまでに出演したメディアはコチラから

こんな企業様・団体様へ

・乳がんを身近に考えてほしい、女性社員の多い企業さま
・手術・治療を受けた患者の気持ちを聞きたい、製薬会社さま
・マイナスの体験を起業に活かす、起業支援をされている団体さま
・AYA世代の女性と触れ合う事の多い、保育園、幼稚園、ママサークルなどの団体さま

※お話は自身の体験に基づくもので、医療についての情報提供は致しません。心配な症状がある方は、医療者(医師、看護師など)に相談しましょう!!
※同じ病気やステージであっても、受け取り方、感じ方、痛み、置かれている状況は十人十色です。それぞれ個人に合ったお声かけ、共感がとても大切だと考えます。